96.IT新技術に対する社長の独り言

  1. ホームページのSSL化

    1.SSLとはSSLとはインターネット上で情報を暗号化して送受信する通信手順のことです。たとえばお問い合わせフォームなどから名前や住所などの個人情報データを送信する時。入力したデータを暗号化して途中で誰かに盗み見られても、そのデータを読めないようにする仕組みの事です。

    続きを読む
  2. ライフログの分析で病気の原因が解明できるかも!

    ライフログとは、人間の生活を長期間に渡りデジタルデータとして記録する事です。同じ病気にかかったヒトのデータ、つまり産まれてからある病気が発見されるまでの食生活の統計を取れば、傾向が分かるようなる時代がすぐ近くになったのではないでしょうか。

    続きを読む
  3. モノのインターネットIoTの持つ可能性の考察

    IoTとは、コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々なモノに通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことです。

    続きを読む
  4. キュレーション サイトによって情報収集のスタイルが変化しています

    キュレーションとは、インターネット上の情報を収集してまとめること。または収集した情報を分類し、つなぎ合わせて新しい価値を持たせて共有することを言います。キュレーションを行う人をキュレーターと呼びます。インターネットが爆的に普及した原因の一つに検索エンジンの台頭があります。

    続きを読む
  5. webサイトを使ったエクストラネットの構築事例

    エクストラネットとはWebなどのインターネット技術を使って構築した企業間情報システムの事です。「外部」を意味するエクストラとネットワークの複合語となります。要はホームページを使って、特定の企業同士で閲覧できる情報を共有しようとる仕組みの事です。

    続きを読む
  6. アイトラッキングでwebサイトを評価?

    アイトラッキングとは人の眼球の動きを記録して分析する調査手法のことです。ヒトが印刷物やウェブサイトなどを見るときの眼の動きを調べることで、人の判断に与える影響について調べる事が可能です。

    続きを読む
  7. HP制作プロはグロースハッカーを目指しています。

    グロースハッカーとは製品やサービスの成長を新たなやり方で加速する人の事です。ユーザー獲得担当エンジニアなど呼ばれることもあります。グロースハッカーが有名になったのは2012年のアメリカの大統領選。

    続きを読む
  8. バズマーケティングがブラックハットSEOのペナルティから回避する方法

    バズマーケティングとは人為的に発生させるクチコミによるマーケティング手法の事です。インターネット上でバズマーケティングを行う場合、金銭やなんらかのポイントを対価としてブロガーに特定の商品に関する記事を書いてもらったり、著名人にSNS上で商品の紹介をしてもらう事が多いです。

    続きを読む
  9. グローバル・ブレインで企業は弱くなる?

    グローバル・ブレインとはインターネットを通じて、世界中の人々の知見やノウハウを活用できる状態のこと。インターネットが普及する前はどこの企業にも専門性を持つスタッフがおり、会社はヒトといったような言葉で表現される、企業力を競っていたような気がします。

    続きを読む
  10. バンディットアルゴリズムによるキャンペーンサイトの評価

    バンディットアルゴリズムはもともと、ギャンブルに対する最適な戦略を考えることから始まったのです。統計や確率論もギャンブルで勝つために始まったのは人間味があって私は好きです 笑。さて話を戻して。

    続きを読む
ページ上部へ戻る