3.お客様の選択眼を養う

ほとんどの方は、どんな商品やサービスが自分にとってベストなのかを知りません。

image現代ではモノやサービスがあふれております。仕様はどんどん複雑になっているので、自分がこだわりのある事柄ならまだしも、とり急ぎ欲しいといった場合に困る事が多いのです。

モノやサービスがあふれています。

古いお話で恐縮ですが、昔、カラーテレビを購入する事が家族のあこがれの時代がありました。そんな時代であれば、カラーで見られる機能のあるテレビなら、消費者はこぞって欲しがったのです。給料の何か月分のお金を払って、カラーテレビを購入し、ご近所さんに自慢したのです。

今はどうでしょうか?カラーテレビは一家に一台ではなく、個人ごとに一台の時代。「カラーテレビはそんなに欲しいモノではないよ、パソコンやタブレット、スマホでも見られるし…」というのが一般的な認識ではないでしょうか。

一方売る側は必死です。「プラズマディスプレイ」「インターネットテレビ」「録画機能付きテレビ」どんどん多機能になっています。家電マニアの方ならその情報についていけるのですが、ほとんどの方は選択肢が多すぎて「自分のライフスタイルに合った便利なテレビの存在を知らない」のです。

ライバルと比較できる情報を出す事で自社の商品やサービスを選んでいただく

image品質・納期・コストの3拍子が揃った商品やサービスといったものは、そんなにありません。「少し高いけれど**が**だから選んだ!」といった選択眼を養っていただきましょう!

納期の早さをウリにする看板屋さんの場合。

「納期が早い」というキャッチをTOPページに書けば、15秒ルールでお客様の足を引き留める目的としては成功です。次にしなければならない事はライバルと比較できる情報を出す事です。「看板業界ではご依頼を頂戴してから納品まで通常1週間かかります。」といって一般的な納期の基準をお客様に知っていただいた上で、「弊社では3日で完成、納品いたします。」などと言った具体的な日数のアドバンテージを示します。そうすれば、「近所に良い看板屋さんが居ないかな?」といって「神戸市 看板制作」で検索したお客様に対して、

1.一般的に看板制作は1週間かかる事を教え
2.弊社は3日でできるから便利

だと伝え、「この看板屋さんは早いから助かる!」とった具体的なメリットを理解した、お客様からのお問い合わせが期待できます。看板制作に1週間かかるのは当たり前だから、そんな事は言わないでも分かってる。という 業界では当たり前の事が世間では全く知られていないという事実 を理解すれば、ホームページを訪問してきた見込み客に対して、選択眼を養う情報を発信する大切さを理解していただけると思います。

忘れてはならない事は「その早さの理由」を明確に出す事。「スタッフのレベルが高い」とか「24時間3交代制で仕事をしている」といった理由を書かないと、ライバルの多い時代にお客様のハートをつかむことは難しいのです。

ホームページを見て、**だからあなたの商品を買った、**だからあなたのサービスを選んだ。といった具体的な理由をお客様が言ってくださるようになれば、ホームページがいよいよ24時間働く営業マンに育っている証拠です。3つのウリを15秒で伝え、より具体的な選択眼をお客様に伝えたら、 次にホームページの最大の弱点をフォローするために、TOPページで安心感を演出しましょう!

>> 次の記事を読む

お問い合わせ先

有限会社トータルネットジャパン
〒651-1301 兵庫県神戸市北区藤原台北町1-1-4
TEL 078-984-4102(平日9:00-17:00)
FAX 078-984-4122
MAIL info@tnjapan.net

ページ上部へ戻る