神戸ホームページ制作プロ公式ブログ

「ホームページをよく読んでください!」という言葉でサブページに誘導できるか?

「ホームページをよく読んでください!」最近は少なくなりましたが以前はよく耳にした不遜な言葉です。ホームページを作って見せる側からすれば、自社の製品やサービス内容をホームページ全体にアップしてるのでしょうが…逆に見る立場にたなれば、TOPページを見ただけで、その会社や製品及びサービスの特長が把握できないと、他のページに逃げてしまいます。

まずはTOPページに新聞の大見出しのような形でウリ文句(例:弊社の**は世界最高品質!)と書き、そこで「おっ!」と思わせておいて、詳細ページへ誘導する。そのような取り組みをしっかりと行えば、「ホームページをよく読んで下さい!」などと言った発言はでなくなりますね。

情報を発信する側は「たくさんの情報を知って欲しい」と考える。しかし情報を受け取る側は、なるべく「簡単に情報を受け止めたい」と思って、インタネットで自分の欲しい情報を探している。この温度差をしっかりと受け止める姿勢が大切だと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る