神戸ホームページ制作プロ公式ブログ

スタイルシート「CSSのfont-variantプロパティ」を全部教えて!

こんにちは、ハナさん。WEBデザイナーになりたいのですね。素晴らしい夢です。私の名前はリュウと申します。今日は、CSSのfont-variantプロパティについてお伝えしますね。このプロパティは、テキストのスタイルを変更することができます。例えば、”small-caps”という値を指定すると、小文字を大文字のサイズにすることができます。また、”sub”という値を指定すると、文字を下に下げたり、”sup”という値を指定すると、文字を上に上げたりすることができます。このように、font-variantプロパティをうまく使うことで、見た目のバリエーションを豊富にすることができます。ぜひ、実際に試してみてくださいね。私たちも、あなたがWEBデザイナーとして素晴らしい作品を作り出すことを応援しています。
このブログは、webデザイナーになりたい女子小学生ハナさんと、人工知能リュウとの質疑応答の様子を全てAIが執筆しています。リュウはたまに変な事を言いますが、どうか優しい気持ちでお読みください。

目次

CSSのfont-variantプロパティとは何ですか?

ハナ: リュウさん、CSSのfont-variantプロパティって何ですか?
リュウ: ほんとうによく聞く問題ですね!font-variantプロパティは、文字のスタイルを変えることができるプロパティです。例えば、小文字を大文字にする「Small Caps(スモールキャップス)」や、フォントによっては斜体文字を使う「All Small Caps(オールスモールキャップス)」などがあります。まるで大きな人と小さな人がいるように、文字もスタイルを変えることで見た目が大きく違って見えるんですよ。わかりましたか?

フォント変形のためにfont-variantを使用する方法は?

ハナ: フォント変形のためにfont-variantを使えるんですか?
リュウ: はい、そうですね。font-variantは、文字のスタイルを変えるプロパティで、特定の文字の大小文字を変換することができますよ。
ハナ: へえ、すごいですね。例えばどのような使い方があるんですか?
リュウ: 例えば、小文字の代わりに大文字を使用したい場合は、『font-variant: small-caps;』というスタイルを指定することで、小文字を大文字に変換することができます。また、アルファベットの一部の文字だけを変換したい場合は、『font-variant: slashed-zero;』というスタイルを指定することで、0の斜線を表示することができます。
ハナ: 分かりました。ありがとうございます!

font-variant-capsを使用して、小文字を大文字に変換するにはどうすればよいですか?

ハナ:リュウさん、font-variant-capsを使用して、小文字を大文字に変換するにはどうすればよいですか?
リュウ:そうですね、ハナさん。font-variant-capsは、文字を全て大文字に変換するだけでなく、小文字を一部大文字に変換する効果もあります。例えば、’m’を’M’に変換したい場合、’font-variant-caps: small-caps;’というCSSを使います。
ハナ:なるほど、それは便利ですね。でも、小文字の一部を大文字にする場合、どうやって指定すればよいですか?
リュウ:例えば、’font-variant-caps: titling-caps;’というCSSを使うと、’s’と’t’など一部の小文字を大文字に変換することができます。
ハナ:なるほど、それはとてもおもしろそうです!試してみたいです。ありがとうございました、リュウさん!
リュウ:どういたしまして、いつでも質問してくださいね、ハナさん。私たちトータルネットジャパンはあなたを応援していますよ!

font-variant-numericを使用して、数字のスタイルを変更する方法は?

ハナ:リュウさん、font-variant-numericを使用して数字のスタイルを変更する方法を教えてください!
リュウ:こんにちは、ハナさん。font-variant-numericは数字のスタイルを変更するのに使われますね。例えば、普通の数字から、古風な数字や上付きの数字、下付きの数字、分数の数字に変更することができます。スタイルを変更するにはCSSのプロパティ「font-variant-numeric」を使いますよ。これを使って数字のスタイルを変えると、サイトがより一層おしゃれな印象を与えることができますよ。分かりやすいですか?

font-variant-alternatesを使用して、アルファベットの異なる書き方を変更する方法は?

ハナ: リュウさん、font-variant-alternatesって何ですか?アルファベットを書き方を変える方法だって聞きました。
リュウ: そうですね。font-variant-alternatesは、アルファベットをデザインした際に、別の書き方のアルファベットを指定するCSSプロパティです。たとえば、AやGなど、いくつかのアルファベットについて、太くて斜めのラインが伸びたスタイルや、片方だけが傾いたスタイルなどを指定できます。
ハナ: なるほど!でも、そのスタイルってどんなところで使われるんですか?
リュウ: たとえば、ロゴデザインや見出しの装飾など、デザイン性の高い箇所でよく使われます。また、昔ながらの書体を再現する際にも使用されることがあります。
ハナ: なるほど、アルファベットにも書き方によってデザインがあるんですね!勉強になりました、ありがとうございます。
リュウ: どういたしまして。質問があればまた聞いてくださいね、ハナさん。

font-variant-ligaturesを使用して、フォントの合字を有効にする方法は?

ハナ: リュウさん、font-variant-ligaturesを使用して、フォントの合字を有効にする方法は?
リュウ: ふむふむ、合字を有効にするにはCSSのfont-feature-settingsプロパティを使いますよ。例えば、「font-feature-settings: ‘liga’ 1;」とCSSに記述すれば良いです。ここでの「liga」はリガチャ(合字)の略称です。簡単に言うと、これで「fi」を「fi」のように連結して表示することができます。分かりましたか?

フォント変形のためのfont-variantプロパティの既定値は何ですか?

ハナ:リュウさん、こんにちは!私、webデザイナーになりたいんです。フォント変形のためのfont-variantプロパティって、既定値って何ですか?
リュウ:ハナさん、素晴らしい夢があるんですね。フォント変形のプロパティの既定値は”normal”です。これは、通常のフォントスタイルにするという意味です。こんな感じで分かりやすいですか?

フォント変形のためにfont-variantを使用する際、注意すべきことは?

ハナ: リュウさん、font-variantってなんですか?
リュウ: ハナさん、font-variantは、フォントを変形するためのCSSのプロパティですよ。例えば、小文字を大文字に変換するのに使ったり、数字を古めかしいスタイルに変えることもできます。
ハナ: 分かりました!font-variantを使うと、色んなデザインになって楽しいですね!でも、注意すべきことは何ですか?
リュウ: そうですね。font-variantを使う際には、適用されるフォントによっては使えなかったり、表示が崩れる可能性があるので、テストをしっかり行うことが大切ですよ。また、デフォルトでは適用されない場合もあるので、適用させるためには特定の値を明示的に指定する必要があります。わかりやすいでしょうか?
ハナ:  はい、わかりました!ありがとうございました!たくさん勉強になりました!

font-variantプロパティを使用すると、フォントの表示が大幅に変わることがありますか?

ハナ: リュウさん、こんにちは!font-variantプロパティを使うとフォントの表示が変わるって本当ですか?
リュウ: そうですね、ハナさん。font-variantプロパティは、フォントの一部分を変更するためのものです。例えば、大文字にすることや斜体にすることができます。しかし、全体の表示が大幅に変わるというわけではありません。
ハナ: なるほど!なんか難しそうですね。もっと簡単な言葉で教えてください!
リュウ: はい、確かに少し難しいかもしれませんね。例えば、フォントには「服装」があると思ってください。font-variantプロパティは、その「服装」を変えることができるツールだと思ってもらえば、分かりやすいかもしれませんね。

font-variantプロパティを使用して、フォント変形を無効にする方法はありますか?

ハナ:font-variantプロパティを使用して、フォント変形を無効にする方法はありますか?
リュウ:そうですね、font-variantプロパティはフォント変形を指定するためのものですが、無効にすることもできます。具体的には、font-variant: normal;と指定することで、変形を無効にすることができますよ。例えば、イタリック体やスモールキャップスなども、同じようにnormalで元に戻せます。分かりやすいでしょうか?

CSSで使用可能なfont-variantの値は何ですか?

ハナ:CSSで使用可能なfont-variantの値は何ですか?
リュウ:ふんどしを履くようにパンツを履くってイメージでいいかもしれませんね。font-variantには、normal、small-caps、all-small-caps、petite-caps、all-petite-caps、unicase、titling-capsという7つの値がありますよ。

font-variant-common-ligaturesを使用して、フォントの通常の合字を有効にする方法は?

ハナ:リュウさん、フォントの通常の合字を有効にする方法を教えてください!
リュウ:そうですね、フォントの合字というのは、例えば「fi」という文字が「f」と「i」が連結したものを指します。通常、このような合字が使われると、見た目が美しくなりますね。
ハナ:そうです、リュウさん!それを有効にする方法を教えてください!
リュウ:「font-variant-common-ligatures」を使用することで、通常の合字を有効にできますよ。CSSでフォントを指定する際に、このプロパティを記述するといいですね。

font-variant-discretionary-ligaturesを使用して、フリーフォントの合字を有効にする方法は?

ハナ:リュウさん、font-variant-discretionary-ligaturesを使用して、フリーフォントの合字を有効にする方法を教えてください!
リュウ:こんにちは、ハナさん。font-variant-discretionary-ligaturesは、フォントによって異なりますが、基本的にcssでフォントを指定するときに、font-feature-settingsというプロパティを使って指定することができますよ。例えば、以下のように書くと合字が有効になります。
font-feature-settings: “liga” 1;
ハナ:(少し難しそうですが)なるほど、cssで指定すればいいんですね。ありがとうございます、リュウさん!

font-variant-historical-ligaturesを使用して、歴史的な合字を有効にする方法は?

ハナ:リュウさん、font-variant-historical-ligaturesを使用して、歴史的な合字を有効にする方法って知ってる?
リュウ:ハナさん、その方法はfont-feature-settings: “liga”, “clig”, “dlig”, “hlig”;というCSSプロパティを使用することです。これで、歴史的な合字を有効にすることができますよ。例えば、古い書物のタイトルなどに使われる合字が表示されます。分かりやすいでしょうか?

font-variant-contextualを使用して、特定の文字周りのフォントに関連するテキストのコンテキストに変更を加える方法は?

ハナ: リュウさん、font-variant-contextualを使用して、特定の文字周りのフォントに関連するテキストのコンテキストに変更を加える方法を教えてください。
リュウ: ああ、ハナさん。その質問はすごいですね。font-variant-contextualというのは、文字の周りにある特定の文字を含む単語を選択することで、フォントのコンテキストを変えることができる方法です。例えば、アルファベットの小文字aの周りにある文字は、フォントのコンテキストに影響を与えることができます。
ハナ: それはすごいですね!具体的にどんなテキストに使われるのでしょうか?
リュウ: 例えば、地図上で都道府県名を表すテキストの場合、特定の文字周りのフォントに関連するテキストのコンテキストに変更を加えることで、都道府県名がより目立つようになり、視聴者がより素早く認識することができます。分かりやすいでしょうか?

font-variant-positionを使用して、フォントの上付き文字/添え字を制御する方法は?

ハナ: リュウさん、こんにちは!webデザイナーになりたいんですけど、フォントの上付き文字や添え字を制御する方法ってあるんですか?
リュウ: そうですね、フォントの上付き文字や添え字を制御する方法には、font-variant-positionプロパティを使用する方法がありますよ。これは、テキストのフォントを指定して、そこに上付き文字や添え字を追加することができるものです。
ハナ: あ、なるほど!でも、font-variant-positionってどんな書き方をすればいいんですか?
リュウ: 書き方は、「font-variant-position: sub;」と「font-variant-position: super;」の2種類があります。subはテキストの下に文字を配置し、superは上に文字を配置しますよ。
ハナ: なるほど、subとsuperの区別があるんですね!ありがとうございます、リュウさん!
リュウ: どういたしまして、ハナさん。わからないことがあったらいつでも聞いてくださいね。

font-variant-unicaseを使用して、小文字を大文字に変換する方法は?

ハナ:リュウさん、私、font-variant-unicaseっていうのを使って、小文字を大文字に変換する方法が知りたいんです。
リュウ:そうですね、font-variant-unicaseはアルファベットの英語のみ小文字を大文字に変換するものです。具体的に言うと、それは英字で例えば、aをAに変換することが可能ですよ。
ハナ:へえ、そうなんですね。それ以外の文字はどうすればいいんですか?
リュウ:フォントによっては、小文字を大文字に自動変換する機能があるものもありますが、それ以外はJavaScriptやCSSを使って手動で変換する必要があります。
ハナ:なるほど、手動で変換…。それって難しそうですね。
リュウ:もちろん最初は難しいかもしれませんが、慣れてくれば大丈夫ですよ。たとえば、小文字を大文字にすることを例えるなら、お風呂から出た後にタオルで水分を拭くように、小文字に対してCSSでドライヤーをかける感覚で、大文字に変換してあげるイメージです。
ハナ:なるほど、大文字化はタオルで拭くってことで、手動でやればできるってことですね。ありがとうございます、リュウさん。

font-variant-alternatesを使用して、フォントの代替文字ストリームを有効にする方法は?

ハナ:リュウさん、font-variant-alternatesを使用して、フォントの代替文字ストリームを有効にする方法ってどうやるの?
リュウ:ふむふむ、ハナさん。font-variant-alternatesは、代替文字列のフックを含んだOpenTypeフォントで利用できます。代替文字列がある場合は、通常のオープンタイプのグリフよりも優先されます。代替文字列がない場合は、通常のグリフが表示されます。例えば、ヘブライ文字には異なる書き方があるので、代替文字列を使用することができます。
ハナ:ヘブライ文字ってどんな感じなんですか?
リュウ:ええと、日本語で言うと「お米」を、右から左に書く感じです。そして、同じ文字でも書き方によって形が違う場合があります。ですので、代替文字列を使用することで、違う形の文字を適切に表示することができるのです。分かりましたか、ハナさん?

フォント変形のためのfont-variantプロパティを使用すると、アクセシビリティに影響がありますか?

ハナ: リュウさん、font-variantを使うとアクセシビリティに影響があるんですか?
リュウ: そうですね、ハナさん。font-variantを使うと、記号や文字の形が変わったりすることがあります。それによって見やすさが悪くなる場合があります。
ハナ: それは困りますね。でも、どうしても変形したい場合はどうしたらいいですか?
リュウ: そうですね。例えば、変形しすぎないように気をつけたり、別の方法で強調するなどの工夫が必要ですね。アクセシビリティに配慮したデザインが大切ですよ。

font-variantプロパティを使用して、フォントをカスタマイズする方法は?

ハナ:リュウさん、フォントをカスタマイズする方法を教えてください!
リュウ:おっしゃる通り、font-variantプロパティを使用することで、フォントをカスタマイズすることができますよ。
ハナ:font-variantプロパティって何ですか?難しい言葉が出てきて怖いです…
リュウ:例えばね、お菓子の詰め合わせを買ったとします。中にはいろんな種類のお菓子が入っているけれど、中からチョコレートだけ取り出すことができるように、font-variantプロパティはフォントの種類から特定のスタイルだけを選んで使うことができるんですよ。
ハナ:わかりました!ありがとうございます!

font-variantを使用したフォントスタイルの例は?

ハナ:リュウさん、font-variantを使用したフォントスタイルの例は何ですか?
リュウ:ああ、そうですね。例えば、font-variant: small-caps;は、大文字を小文字の幅で小さい大文字に変換するスタイルです。例えば「TOKYO」を「Tokyo」のように表示することができます。わかりますか?
 
ページ上部へ戻る