神戸ホームページ制作プロ公式ブログ

webデザイン用語「iframeタグ」を全部教えて!

はじめまして、ハナさん。私はトータルネットジャパンの人工知能、リュウです。WEBデザイン用語の中でも、iframeタグについてお教えしましょう。iframeタグは、ウェブページ上に別のウェブページを埋め込むことができるHTMLのタグです。別のウェブページを表示しながら、メニューや広告などを同時に表示する場合に便利です。しかし、SEOには悪影響を与える可能性があるため、注意が必要です。WEBデザインに必要な言葉や技術について、どんなことでもお聞きくださいね。リュウはいつでもお手伝いします。
このブログは、webデザイナーになりたい女子小学生ハナさんと、人工知能リュウとの質疑応答の様子を全てAIが執筆しています。リュウはたまに変な事を言いますが、どうか優しい気持ちでお読みください。

目次

iframeタグとは何ですか?

ハナ: リュウさん、こんにちは!iframeタグって何ですか?
リュウ: ハナさん、iframeタグとは、webページ内に外部サイトを埋め込むためのタグです。例えば、他のサイトの動画を自分のウェブページに表示させたい場合などに使います。イメージとしては、自分のお家に友達を招き入れて、一緒に楽しむという感じですね。分かりやすいでしょうか?

iframeタグの基本的な使い方を教えてください。

ハナ:リュウさん、iframeタグって何ですか?
リュウ:ハナさん、iframeタグは、Webページに別のWebページを埋め込むためのタグです。例えば、あなたが自分のブログにYouTubeの動画を埋め込みたい場合、iframeタグを使って埋め込むことができますよ。まるで、YouTubeの動画を直接ブログに貼り付けたような感じですね。
ハナ:わかりました!ありがとうございます!それで、どうやって使うんですか?
リュウ:iframeタグはとっても簡単に使えますよ。まず、iframeタグを開始するタグを書きます。その後、埋め込みたいWebページのURLを指定して、終了タグで閉じます。例えば、「<iframe src=”https://www.youtube.com/embed/abcd1234″></iframe>」のように書くことができます。分かりやすいですか?

iframeタグを使用するメリットは何ですか?

ハナ:リュウさん、お聞きしたいのですが、iframeタグを使用するメリットは何ですか?
リュウ:ああ、iframeタグについてですね。iframeタグは、異なるページのコンテンツを埋め込むことができます。例えば、別のサイトの地図を自分のサイトに表示させることができますよ。
ハナ:なるほど!それでは、iframeタグを使うときはどのような場面があるのでしょうか?
リュウ:はい、例えば、自分のサイト内で他のサイトを参照するときや、広告を掲載するときに使われることが多いですね。また、動画や音声を再生するためにも使われますよ。
ハナ:そうだったんですね!ありがとうございます、リュウさん!
リュウ:どういたしまして、ハナさん。はい、もし何か質問があれば遠慮なく聞いてくださいね。

iframeタグのデメリットは何ですか?

ハナ: リュウさん、iframeタグのデメリットは何ですか?
リュウ: それはね、iframeタグは他のWebページを自分のサイト内に埋め込むことができますが、セキュリティ上のリスクがあるんだよ。
ハナ: セキュリティ上のリスクって何ですか?
リュウ: 例えば、他のWebページのコンテンツに悪意のあるスクリプトが含まれていた場合、それが自分のサイトにも影響を与える可能性があるんだよ。また、iframeタグを多用すると、ページの読み込み速度が遅くなる場合もあるんだ。
ハナ: なるほど、リスクがあるんですね。ありがとうございます、リュウさん!

iframeタグを使って、別のWebサイトを表示できますか?

ハナ:リュウさん、iframeタグを使って、別のWebサイトを表示できますか?
リュウ:はい、ハナさん、iframeタグを使えば、別のWebサイトを自分のサイトに埋め込むことができますよ。イメージとしては、1つのテレビに複数の画面を映し出すような感じですね。
ハナ:テレビに複数の画面を映し出す?それってすごいことですね!
リュウ:そうですね、とても便利な方法です。ただし、埋め込むサイトには注意が必要です。外部サイトを表示することで、そのサイトのセキュリティに関わる問題が生じる場合もあります。そのため、埋め込むサイトは信頼できるものに限定する必要があります。

iframeタグによるサイト内での別ページの表示方法を教えてください。

ハナ:リュウさん、iframeタグによるサイト内での別ページの表示方法って教えてください!
リュウ:うん、iframeタグは、ウェブページ内に別のページを埋め込んで表示することができるんだよ。例えば、料理のレシピページで別のサイトの料理動画を見たい場合に使うことができるよ。
ハナ:料理のレシピページに別のサイトの動画を表示するんだね!なるほど!説明ありがとう!

iframeタグで外部ページを表示する際の注意点は何ですか?

ハナ: リュウさん、iframeタグで外部ページを表示する際の注意点は何ですか?
リュウ: そうね、iframeタグで外部ページを表示する時は、そのページの内容をしっかり確認してから、表示することが大切だよ。
ハナ: なるほど、具体的にどんな内容を確認すればいいですか?
リュウ: 例えば、外部ページが信頼できるものかどうか、ページ内に悪意のあるコードがあるかどうか、表示することでサイトが遅くなったりしないかどうかなど、多くのことを確認する必要があるんだ。
ハナ: 分かりました!リュウさん、ありがとうございます!
リュウ: どういたしまして。それと、外部ページにリンクを貼る場合は、リンク先が信頼できるものかどうかも十分に確認することが大切だよ。

iframeタグで表示する外部ページのサイズを調整する方法を教えてください。

ハナ: iframeタグで表示する外部ページのサイズを調整する方法を教えてください。
リュウ: おっしゃる通り、iframe要素で外部ページを表示する際に、その表示サイズを調整することができますよ。iframeタグにwidth属性やheight属性を追加することで、幅や高さを指定できます。例えば、<iframe src=”外部ページのURL” width=”500″ height=”300″></iframe>と記述すると、幅が500px、高さが300pxのiframeが表示されます。理解できましたか、ハナさん?

iframeタグで別ページを表示する場合に設定できる属性にはどのようなものがありますか?

ハナ: リュウさん、iframeタグで別ページを表示する場合に設定できる属性って、どんなのがあるんですか?
リュウ: そうですね、iframeタグに設定できる属性は、src、height、width、frameborder、scrolling などがありますよ。例えば、src属性は別ページのURLを指定して、表示するページを選択することができます。heightやwidthは、iframeのサイズを調整することができ、frameborderやscrollingは枠線やスクロールバーの表示の有無をコントロールすることができます。分かりやすいですか?

iframeタグを使って、Webフォームを表示することはできますか?

ハナ:リュウさん、iframeタグを使って、Webフォームを表示することはできますか?
リュウ:そうですね、ハナさん。iframeタグはウェブページの中に別のウェブページを埋め込むために使われます。Webフォームを別のウェブページに作成し、そのURLをiframeに指定することで、ウェブフォームを表示することができますよ。理解できましたか、ハナさん?

iframeタグを使ったポップアップ広告の表示方法を教えてください。

ハナ:iframeタグを使ったポップアップ広告の表示方法を教えてください
リュウ:ポップアップ広告を作る際には、HTMLでiframeタグを使うことができます。iframeタグは、別のウェブページを埋め込むタグです。そのため、ポップアップ広告を表示させたい場所にiframeタグを挿入し、そこに広告の内容を記述することができます。例えば、お店のポップアップ広告を作る場合、お店のロゴやキャンペーン情報をiframeタグ内に記述して、それをメインのウェブページと同じように表示させることができますよ。

iframeタグを使ったページ内スクロールの手法を教えてください。

ハナ:リュウさん、こんにちは!iframeタグを使ったページ内スクロールの手法を教えてください!
リュウ:はい、こんにちはハナさん!iframeタグを使ったページ内スクロールは、他のウェブページを自分のウェブページ内に表示する方法です。例えば、自分のサイト内に他のサイトのコンテンツを表示することができます。iframeタグを使用することで、ユーザーがページをスクロールすると、iframe内に表示されたウェブページだけがスクロールするようになります。分かりやすいですか?

iframeタグを使って、別ドメインのWebサイトを表示する場合に考慮すべきセキュリティ上の問題は何ですか?

ハナ:
リュウさん、iframeタグを使って、別ドメインのWebサイトを表示する場合に考慮すべきセキュリティ上の問題は何ですか?
リュウ:
ハナさん、よく聞いてくれましたね。iframeタグを使って、別ドメインのWebサイトを表示する場合、その外部ドメインのサイトが信用できない場合に、そのサイトがユーザーの情報を盗まれたり、改ざんされたりする危険があります。これを「クロスサイトスクリプティング(XSS)」と言います。
ハナ:
「クロスサイトスクリプティング(XSS)」って何ですか?
リュウ:
あのね、例えば、ハナさんが閲覧しているWebページに「iframeタグ」があって、その中に外部ドメインのWebページが表示されているとすると、その外部ドメインのWebページから悪意のあるスクリプトが挿入されると、そのスクリプトは表示されているWebページにも影響を及ぼすことができます。たとえば、ハナさんがそのWebページでログインを行っていた場合、スクリプトがログイン情報を盗んでしまったり、誤った情報を表示されたりすることがあるんだよ。
ハナ:
なるほど、とても危険なんですね。それならiframeタグは避けた方が良いのでしょうか?
リュウ:
そうですね。iframeタグを使って他のドメインのWebページを表示する場合は、外部ドメインのWebページを信頼できるかどうかを確認し、その場合、セキュリティ対策を行うことが大切です。また、最近は「Content Security Policy(CSP)」という仕組みもあります。これは、iframeタグを含むWebページに信頼できるドメインのみを指定して、それ以外のドメインからのスクリプト実行を防止するというものです。たとえば、Google Analyticsなどの外部ドメインのスクリプトが必要な場合でも、そのドメインのみを指定することができますよ。

iframeタグと同様の機能を持つ代替手段はありますか?

ハナ: リュウさん、iframeタグと同様の機能を持つ代替手段はありますか?
リュウ: そうですね、ハナさん。iframeタグの代替手段として、JavaScriptやAjaxを使って動的にコンテンツを読み込む方法があります。それと、Web Componentsという技術を使えば、同じような効果を得ることもできます。ただ、それらは少し複雑な技術なので、まずはHTML、CSSなどの基礎をしっかりと学ぶことが大事ですよ。

iframeタグを使ったWebサイト制作のポイントは何ですか?

ハナ:リュウさん、iframeタグを使ったWebサイト制作のポイントは何ですか?
リュウ:ふむふむ、iframeタグには、他のWebページのコンテンツを埋め込むことができる点がありますよ。
ハナ:他のWebページって、どういうことですか?
リュウ:例えば、ニュースサイトで埋め込み動画を見たことがありますか?あれがiframeタグを使っています。つまり、他のサイトのコンテンツを自分のサイトに表示することができます。
ハナ:なるほど、他のサイトから動画や画像をもらって表示するんですね。
リュウ:その通りです。また、iframeタグを使えば、サイト内の特定の部分だけを更新することもできます。例えば、Twitterのタイムラインをサイト内に表示させたい場合、iframeタグを使って、Twitterのタイムラインだけを更新することができますよ。
ハナ:わかりました!iframeタグを使うと、他のサイトからコンテンツをもらって表示したり、サイト内の特定の部分だけを更新したりできるんですね。ありがとうございました、リュウさん!

iframeタグを使ったWebサイトのSEO対策について教えてください。

ハナ:iframeタグを使ったWebサイトのSEO対策について教えてください。
リュウ:いい質問だね、ハナさん。iframeタグは、別のウェブページを埋め込むことができるタグだよ。ただし、Googleなどの検索エンジンはiframeの中身を読み取れないから、SEOにはあまり効果がないんだ。もし、iframeを使う場合は、埋め込んだページの内容自体をSEO対策しっかりやる必要があるよ。
ハナ:うーん、なるほど。でも、SEO対策は大切なんだよね。他に何かいい方法はないの?
リュウ:確かに、SEO対策は非常に重要ですね。そうだね、他にもHTMLの構造をしっかりと作ることや、キーワードを適切に使うこと、さらにはサイトの速度を改善することも大切だよ。大体は、検索エンジンがサイトを効率よくスキャンできるようにすることがポイントだね。
ハナ:わかった!ありがとうございます、リュウさん!
リュウ:どういたしまして。ハナさんがWebデザイナーになるのが楽しみだね。頑張ってね!

iframeタグを使ったWebサイト制作が向いている業種・業界は何ですか?

ハナ: わたしはWebデザイナーになりたいです。iframeタグを使ったWebサイト制作が向いている業種・業界は何ですか?
リュウ: こんにちは、ハナさん。確かにWebデザイナーは素晴らしい職業ですね。iframeタグを使ったWebサイト制作が向いている業界は、例えば不動産業や建設業のWebサイト制作が思い浮かびます。不動産業の場合、地図や内部の画像を表示するためにiframeタグを使用することがあります。また、建設業では建物の内部や外観を、3Dで表示するためにもiframeタグを使うことがありますよ。
ハナ: なるほど、ありがとうございます!iframeタグはいろんな業界で使われているんですね。
リュウ: そうですね。でも、Webデザイナーとして活躍するためには、iframeタグを使うだけではなく、HTMLやCSSなどの基礎的な知識が必要です。頑張って勉強して、ハナさんも素晴らしいWebデザイナーになってくださいね!

iframeタグを使ったWebサイト制作におけるUXデザインの考慮点は何ですか?

ハナ: リュウさん、iframeタグを使ったWebサイト制作におけるUXデザインの考慮点は何ですか?
リュウ: まずは、UXデザインとはユーザーにとって使いやすいWebサイトを作るためのデザインのことです。iframeタグを使う場合には、ページの読み込み時間が長くなる可能性があることや、ユーザーがiframe内での操作に戸惑わないように、外部コンテンツの使い方を工夫する必要があります。また、iframe内のコンテンツが適切に表示されるかどうかも確認しなければいけません。分かりやすく言うと、他のウェブサイトを自分のウェブサイトに埋め込む場合に、その埋込先で問題が起こらないようにチェックしなくてはいけない、ということですね。

iframeタグを使ったWebサイト制作におけるアクセシビリティの考慮点は何ですか?

ハナ:リュウさん、iframeタグを使ったWebサイト制作におけるアクセシビリティの考慮点は何ですか?
リュウ:そうですね、iframeタグを使用する場合には、その中に埋め込まれたコンテンツのアクセシビリティにも配慮する必要があります。例えば、スクリーンリーダーで読み上げるときに、iframe内のコンテンツがうまく読み上げられない場合があります。ですので、iframe内のコンテンツにも、alt属性やtitle属性などのアクセシビリティ情報を適切に付与し、スクリーンリーダーにも対応できるようにすることが大切です。
ハナ:スクリーンリーダーって何ですか?
リュウ:スクリーンリーダーとは、視覚障がい者の方がパソコンを利用する際に使用する補助技術の一つです。コンピュータの画面に表示されるテキストや画像、ボタンなどを音声や点字に変換して、視覚障がい者の方が操作できるようにしてくれるツールです。ですので、Webサイトを制作する際には、スクリーンリーダーにも対応できるアクセシビリティを考慮する必要があります。

iframeタグを使用する場合に避けるべきことは何ですか?

ハナ:リュウさん、iframeタグを使用する場合に避けるべきことって何ですか?
リュウ:そうですね、iframeタグを使う場合には注意すべき点があります。例えば、iframe内に別のサイトを表示させると、そのサイトで使用されているJavaScriptなどがウイルスに感染している場合にiframe内でも感染してしまう可能性があるんです。だから、信頼できるサイトでしか使用しないようにしましょう。
ハナ:感染するなんて怖いですね!もう少し、簡単な説明で教えてください。
リュウ:ああ、わかりました。iframeはウェブサイト内に他のウェブページを埋め込むことができるタグなんです。ウェブページを埋め込むことで、情報を見せることができます。でも、その中に埋め込まれたウェブページが信頼できないものだと、うまくないことが起こる可能性があるんです。だから、信頼できるページでしか使わないようにしましょう。
 
ページ上部へ戻る