神戸ホームページ制作プロ公式ブログ

政府の新型コロナ対策。中小企業200万円、個人事業主100万円の「持続化給付金」

私が一番驚いた事は、この給付金は返す必要が無いという事をご存じない方が非常に多いという事でした。中小企業200万円、個人事業主100万円の「持続化給付金」は、新型コロナウィルスで売り上げが極端に落ちている中小企業や、個人事業主を救うための制度です。是非ともこの制度を利用して、この難局を乗り越えてください。

持続化給付金がもらえる条件

新型コロナウイルス感染症の影響により売り上げが前年同月比で50%以上減少している法人や個人事業主です。

もらえる金額

前年の総売上(事業収入)―(前年同月比▲50%月の売上×12か月)

計算例その1:平均的な月の売上が20万円の場合
 年間総売上240万円が新型コロナの影響で月額5万円に落ち込んだ場合、
 240万円-(5万円×12か月)=180万円の年間売上減とみなします。
 中小企業なら180万円、個人事業主なら100万円の持続化給付金が支給されます。

計算例その2:平均的な月の売上が200万円の場合
 年間総売上が2400万円新型コロナの影響で月額20万円に落ち込んだ場合、
 2400万円-(20万円×12か月)=2160万円の年間売上減とみなします。
 中小企業なら200万円、個人事業主なら100万円の持続化給付金が支給されます。

現在の状況

補正予算案額は2兆3176億円。
詳細な条件や申請方法などについては、決定次第速やかに公表するとしています。担当は中小企業庁。
なお補正予算案は4月中に国会へ提出し、月内の成立をめざしている状況です。

持続化給付金をもらうための相談窓口

詳細は中小企業 金融・給付金相談窓口
受付時間:平日・休日ともに、9時00分~17時00分
直通番号:03-3501-1544
でご確認ください。

ページ上部へ戻る