神戸ホームページ制作プロ公式ブログ

飲食料品の通販送料は「別途送料」「送料込」で消費税が異なる

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定となっています。しかし飲食料品は「生活に最低限必要なもの」なので、軽減税率8%のままとなります。ここで注意が必要なのですが、


別途送料は軽減税率が適用されません

商品価格:10,000円送料が別途1,000円の場合の支払い総額は、
・商品価格:10,000円×1.08 = 10,800円
・別途送料:1,000円×10% = 1,100円
つまり、支払総額:11,900円となります。


送料込みならは軽減税率が適用されます

商品価格:11,000円送料込みの場合の支払い総額は、
・支払総額:11,000円×1.08 = 11,880円


結論:送料込みの方が支払い総額が安い!

上の例で分かるように、

商品価格:10,000円、送料1,000円でも「別途送料」「送料込」で支払い総額がことなります。
結論として、送料込みの方が支払い総額が安くなります。


個人的な想い:SHOP泣かせの措置なのです

上記例の場合、送料込みで販売した場合のお客様が支払う送料は1,080円ですが、ネットショップが運送会社に支払う送料は1,100円となって、2%を負担する格好になります。軽減税率はいろんな意味で無用なトラブルを招く方法のような気がしてなりません。

関連記事

ページ上部へ戻る