神戸ホームページ制作プロ公式ブログ

ページネーションにはコンテンツSEOのセンスが絶対に必要です

ページネーションとは丁付けやページ割りという意味の英単語です。文書作成において、文章や画像、図版などの要素をどのページにどのようにレイアウトするかを決め、各ページに仕立てていく事をいいます。Webページの場合、長い文章を複数のページに分割し、各ページへのリンクを並べてアクセスしやすくすることをページング(paging)あるいはページネーションといいます。

最近のSEOはコンテンツ重視。

ページの記載されている文章の内容が薄いと評価が低くなってしまいます。しかしこれはページネーションの立場からすれば、折角読みやすくした文章が評価されないなんて!という事になっているのです。

つまりページネーションを実施(サイトマップの作成)する際にはサイトテーマを良く理解し、SEO的に効率よいページに分割しないと、全く同じ文章でも検索キーワードや検索結果に大きな差が生じます。

このあたりのコツはやはりプロに任せるのが一番だと思います!

最後に少しだけ専門的なテクニックの公開しておきます。

ページネーションでrel=”canonical”タグを使う場合、全コンテンツが載っているページを必ず最初に準備します。そして分割したページをサブセットとしてrel=”canonical”タグで全コンテンツページを正規化の対象に指定するのが、Googleが認める正しい使い方ということになります。

ややこいでしょ 笑

関連記事

ページ上部へ戻る