ブログ

ティザーサイトが「じらし効果」で成功するか、反感を与えて失敗するかの一線は

ティザー広告とは「本来、広告で伝えるべき商品の要素のいくつかをわざと明らかにせず、注目を集める広告手法」です。英語のteaser(じらす人)から命名され、覆面広告とも言います。

最も典型的なティーザー広告は「商品の姿を全て見せない広告手法」であり、シルエットや遠景などを用いて広告をし、発表日に商品の全貌を明らかに手法が一般的である。スタイリングやデザインを重視する商品に用いられる例が多く、一例として、ななつ星in九州は報道発表がなされるまで車体を黒ラッピングで覆っていました。

つまり、ティザーサイトが成功するか否かは、興味を持つヒトがたくさん存在するかどうか否かにかかります。

また、テレビでよく使われるCMマタギの手法。「続いてのニュースは~です」「そこで見たものとは!? 」というナレーションとともに「ここぞ!」という場面でのコマーシャルは大多数の方が 「不愉快」と感じ、それを繰り返しされる事にもウンザリして、他局の番組に変える事も。

つまりティーザー広告が成功するか否かは「じらす」側の持つ魅力が一番重要であり、次にその「じらし方」がスマートでなかれば、逆効果になるという事です。

ティーザー広告の検証結果は次のブログで公開! 笑 ウソです。

関連記事

お問い合わせ先

有限会社トータルネットジャパン
〒651-1301 兵庫県神戸市北区藤原台北町1-1-4
TEL 078-984-4102(平日9:00-17:00)
FAX 078-984-4122
MAIL info@tnjapan.net

ページ上部へ戻る