神戸ホームページ制作プロ公式ブログ

「ホームページへの集客戦略の結果が凄くて、まだ信じられない!」というキャッチコピー

「まだ信じられない」という言葉って「まだドキドキがおさまらない」と同じように、あまりの驚きを表現できる言葉だと思います。ただ、この言葉って悪く言えばオーバーな表現なので、ホームページ制作サービスの看板として表示した場合、お客様の心に響くのかどうか…少し微妙です。

化粧品の効果を示す時につかう場合だと「まだ信じられないお肌のツヤ・ハリ」となって、自然に化粧品の効果を示す言葉にピタッとはまります。

と書いてて気付きました。

そうか!具体的な数字で表すことができない場合に、この言葉はインパクトを持つのですね!逆に言えば、ホームページの結果は具体的な数字で出さないとハートに響く事ができないんだ。

「FAXDMを1万件送っても10件のリターン」しかないが「ホームページへ誘導するルートを作ってから、FAXDMを1万件送ったらホームページ経由のリターンが50件あった」うん!これなら結構響きます!

「FAXDMとホームページの併用作戦の結果が凄くてまだ信じられない」…これだとかなり胡散臭いです 笑。

関連記事

ページ上部へ戻る