09.ライバルに勝てるホームページの極意。

ホームページが少なかった頃

ホームページを公開するだけで充分結果がだせました。

imageインターネットの黎明期にはホームページがほとんど存在していない状況でしたので、がんばってホームページを公開すれば、たくさんのアクセスを集める事ができ、また雑誌などにも紹介される相乗効果で「面白い位程の集客」や「予想以上の商品販売」を実現する事ができました。

ヤフーやgoogleがまだ存在しなかった頃、どのような方法でホームページにアクセスしたかご存じでしょうか?当時はホームページのURLを記載した電話帳のような本が販売されていたのです。ウソのような話ですが本当です。ですから ホームページを公開して、その電話帳に掲載されれば、多くのアクセスが約束 されたのです。「***」検索+クリックではなく、URLを必死で入力する必要がありましたが 笑

状況はカラーテレビのマーケティングに似ています。カラーテレビが販売された当時、非常に高価なテレビをみんな欲しがったのです。「メーカーや仕様」の選択肢なんてほとんどありません。ただ、画面に色のついている画期的なテレビが欲しかったのです。

現在、ホームページがたくさん存在しています

ホームページが選択されているという意識がないと勝てません

image現在、簡単かつ安価にホームページをできる技術。そしてサーバー・ドメイン・プロバイダーなどのインフラにかかるコストが格段に下がってきました。今はホームページを持っていない会社の方が少ない状況です。それは ホームページを作って公開する側にとっては非常に厳しい状況 です。

その状況に応じて、以前のようなホームペ-ジのURLを記載した本にとって代わり、yahoo や google といった検索サービスが台頭してきました。もう書籍で案内できるレベルの数ではなくなってきたのです。

カラーテレビの市場の例に戻しますと、すでに全世帯にカラーテレビが行きわたっている状況です。各メーカーは知恵を絞って様々なテレビを世に送り出してきます。「リモコン付」「大画面」「プラズマ」「ハードディス内臓」。

今、ホームページを制作・リニューアルする場合

TOPページが開いてからの数十秒で勝負する姿勢

imageホームページがまだ少なかった時代なら、ホームページに公開している全てのページを読んでいただける事が充分ありました。しかし今はホームページがたくさん存在しているので、TOPページをさらっと見て「欲しい情報があるのか」「無いのか」で判断される事が非常に多いです。

ヒトはTOPページを1分足らずしか見ない事。これが最重要ポイント なのです。ホームページの全ページをよく読めば大変良い情報を提供している。しかしTOPページを一瞥しただけでは一体、何のホームページか分からない。このような極端な例は少ないでしょうが、それと似た状況はたくさん存在しています。

神戸ホームページ制作プロが作る、勝てるホームページとは

TOPページにウリを記載する事

imageまずは自社(自店舗)がライバル様より優れている部分を3つ考えましょう。例えば加工業者様の場合「高品質」「短納期」「低コスト」を打ち出したいとします。この言葉をそのままTOPページに書いても2つの理由で全く意味がありません。1つ目はライバル様も同じような言葉でTOPページを飾っているから、ホームページを見ているヒトの心に全く響かないのです。2つ目は言葉が漠然としているので具的なイメージがつかめないのです。

「高品質」をウリにするのでしたら「国内最大手メーカーが認めた加工品質!」というような表現の方が心に響きます。また「短納期」をウリにするのでしたら具体的に「**日以内に納品可能!」という言葉を書く必要があります。「低コスト」をウリにするのでしたら、具体的に「**円で納品した実績あり!」などと書いた方が良いのです。

ライバルのホームページを一度ご覧ください。どのホームページも同じような事を書いています。ですからまだチャンスはあります!まずはTOPページで「おっ!」と思わせて、詳細情報の書いたページへ誘導。これが選択される時代に勝ち残る事のできるホームページなのです。

お問い合わせ先

有限会社トータルネットジャパン
〒651-1301 兵庫県神戸市北区藤原台北町1-1-4
TEL 078-984-4102(平日9:00-17:00)
FAX 078-984-4122
MAIL info@tnjapan.net

ページ上部へ戻る